スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アンチのはやしたて、ナンセンスすぎる

奄美のアマミちゃんお気楽ブログより。いやーほんとに、その通りですね。



奄美のアマミちゃんお気楽ブログより転載


総裁先生・・・・この治安が不安定な時期にネパールとかインドまで・・・・
(´;ω;`)ぴー

昨日はブッダガヤで5万人の地元の人々を相手になんと野外で説法されたそうです・・・・
。・゚・(ノД`)・゚・。
(インドの気温はものすごい暑いので、すでにネパールやインド国内デリーで説法されて過酷な移動も重なってる総裁にはかなりの負担)


もう一度言うぞ。

子供五人が誰もついていかず、自分がしてきた教団職員への勝手な首切りや長男への虐待や家族を放りおいての豪遊三昧や「離婚しろ!」「死んでやる!」などの数十回の恫喝はすべて棚にあげて被害者ヅラしてマスコミにあることないこと並べ立て、マスコミに出る直前には「穏便に離婚してほしかったら宗教団体の財産半分よこせ」と内容証明送ってきてる元夫人と、

この規模の宗教団体トップにはありえないほど前線にたって休みなく超人的に働き、ギネスにのるほどの書籍数(講演録を書き起こしてるのでゴーストライターじゃもちろんありません)の書き起こしと、教団施設内のみならず、日本中のあちこちの支部や外部会場での合計で年間百数十回の説法(一回が2時間こえることもある。それらはすべてビデオ撮りされて保存されている)、職員数千人をかかえる教団の運営、すべてを背負っておられる大川隆法総裁。

社会的に信用があるのはどちらでしょうか?

(元夫人、総裁が秘書と不倫してる云々は封印しはじめてますね。作り話もあまりふくらますとヤバいと弁護士さんに言われたんでしょうね)


私は大川総裁を信じる。

この方には「私心」がない。




きょう子氏含む、元職員アンチたちのはやしたて、本当に見苦しい。いわゆる「逆恨み」である。

しかし、自らの境遇の責任は、すべて自らにある。

ひとのせいにしている時点で、その心境は、天上界には通じない。

だから、職員をやめるはめになっているのではあるが。



そのかたがたが、自らの不幸を「人のせい」にしていないか。

その方が、じゃあ、人類に対して、どのような精神的財産を、残そうとされているか。

そこをこそ、私は見ています。


宗教指導者を批判できるだけの、人格者であることを、まず示せ、話はそこからだ、

そのようにも思います。



↓幸福の科学、応援してるぞ!という方はぜひクリックを
人気ブログランキングへ


スポンサーサイト

コメント

プロフィール

ニコラス

Author:ニコラス

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
RSSリンクの表示
ブログランキング
訪問数
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。