スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大川隆法総裁霊言のヒミツ なぜ外国人の霊が日本語で話せるのか?

今、何かと話題の、幸福の科学大川隆法総裁の「霊言」

霊言とはそもそも何なのか?
公式HPにはこうあります。

この世を去った世界に住む霊存在の念いを大川隆法総裁の肉声を通じて語りおろしたもの。各霊人の個性の証明のため、幸福の科学の教えとは矛盾する考えも収録される。


で、この霊言に対し、よく、見受けられる質問というか、つっこみに、「なぜ外人の霊が日本語で話してるんだ」とか、あるいは「アラム語でしゃべっていたイエスの霊がなぜ英語を話すんだ」、なんていうものがあります。

このあたりの仕組みはどうなっているのか。

大川隆法総裁自らが説明している箇所が、書籍にありますので、一部ですが、紹介してみたいと思います。




『ドラッカー霊言による『国家と経営』』より

 生前のドラッカーは日本通であり、書画や骨董をかなり鑑定できるぐらい、日本のことをよくご存じでしたし、日本を何度も訪問しておられます。

 また、本人が、かたくなに公表を拒否しているため、私は明かしていませんが、過去世である「魂の兄弟」のなかには、日本人がいます。

 したがって、ドラッカーの霊は、日本語で、会話をしたり、文字を書いたりすることもできます。霊言自体は、英語でも日本語でも、どちらでも可能です


 ただ、聴く人のことと、あとで本をつくる際の便宜とを考えると、日本語のほうがよろしいかと思いますので、なるべく日本語でやりたいと思います。

 ドラッカーは、過去世で日本人の経験があるので、日本語は話せますし、私のほうも、英語の実力は同時通訳の人とそれほど変わらないので、どちらでもよいのですが、英語だと話が短くなる可能性があるので、なるべく日本語で統一しようと考えています。

 読者のみなさんのなかには、「ドラッカーの霊がなぜ日本語で話すのだろう」と思う方もいるかもしれないので、一言、申し添えておきます。 



↑本になった時の便宜を考えて、日本語でやる との言がありますね。

 キリストが英語を使って話をされているのも、そうした背景でしょうか?


『未来創造の経済学』より

 彼ら(ケインズやシュンペーター)が日本語を話せるかどうか、私は確認していませんが(笑)、年代の古さから見て、光の天使である場合は、おそらく大丈夫だろうと思います。ただ、万一の場合は、通訳が必要になる可能性もあります

 ケインズの場合は英語でしょうが、シュンペーターは、ドイツ語で本を書いているように、オリジナルはドイツ語なので、通訳をできる人がこの会場にはいないかもしれません。ただ、彼は生前、アメリカに行って講義をしているので、英語も話せるとは思いますが、なるべく日本語での会話をお願いしたいとは思っています。




『アダム・スミス霊言による『新・国富論』』より

 私は、小平とは、これまで一度も接触をしていないので、どうなるかは何とも言えないのですが、霊言不能の状態の場合には、別途、策を立て直したいと思います。

 また、「日本語を話せるかどうか」も分かりませんが、毛沢東が話せたので、大丈夫ではないかと思います。ただ、毛沢東より、少しだけ“新しい人”なので、できないかもしれません。

 想念のレベルで「念」を発してくれれば、私のほうで、それを日本語に変換することができます。この原理を向こうが理解できれば、日本語での霊言は可能ですが、自分が死んだこともよく分からないような状態だと、少し厳しいかもしれません。

 その場合は、霊界にいる、中国人の光の指導霊の誰かに、通訳をお願いできないかを検討してみます。まったく用をなさない場合は、別の人を呼ぶことも考えてみます。





『世界紛争の真実』より

 ムハンマドは光の大指導霊なので、意識変換は割に簡単です。ペラペラというところまでは行かないかもしれませんが、日本語での会話は可能と思われます。

 普通の外国人が亡くなった場合は、日本語が通じないことも多いのですが、光の大指導霊系になると、意識変換は非常に簡単にできるので、日本語での会話が可能と思われます。






『世界の潮流はこうなる』より

 キッシンジャー博士は、過去に日本人や中国人に生まれていることもないとは言えませんが、予言者的な資質や、軍師的・戦略家的な資質も持っているように感じられるので、何らかの参考になる意見が聴けるのではないかと思います。

 もし、日本語での対話が不可能であった場合、生きている本人は、今、英語を話しているので、英語で通じるのではないかと思います

 まだ、キッシンジャー博士の守護霊とは、話をしたことがないので、本邦初公開というか、初実験であり、出来のほどは保証できません。先般の立木党首のようなかたちになるかどうかは分かりませんが[注]、話を聴いてみたい人ではあるでしょう。

 現在の国際情勢については、おそらく、本人よりも、守護霊のほうが、よりクリアにいろいろなものが見えているのではないかと思います。おそらく、地球レベルで見ていると推定されます。

 それでは、呼んでみます。もし、日本語も英語も、両方駄目だった場合には、私のほうで通訳をします

 彼が、ある程度、光の天使レベルの霊であった場合には、日本語で語ることが可能ですが、もう少し下の“この世的な人”の場合には厳しいと思います。

 今までのところ、オバマ大統領の守護霊やケネディ元大統領は日本語では無理でしたので、この人がどうであるかは分かりません。イギリスのサッチャー元首相の守護霊に至っては、ドイツ語でなければ駄目で厳しいものがありましたし、マルクスの場合も、ドイツ語しか話せなかったので、通訳の霊人を付けて対話を行いました。

 事前の打ち合わせをしないというのは、本当はあまりよくないのかもしれませんが、まあ、そのほうが面白いでしょう。



どこかで、なぜ過去の霊が、現代のことや、日本のことを知ってんだ? という疑問にも答えたいと思います。



↓幸福の科学、応援してるぞ!という方はぜひクリックを
人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

コメント

プロフィール

ニコラス

Author:ニコラス

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
RSSリンクの表示
ブログランキング
訪問数
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。