上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ひさしく更新をさぼっていたのですが、最近、新潮やらなにやらで、いろいろと騒がしくなってきているようなので、少しでもお役にたつべく、再び、書き連ねたいと思います。




1年以上、2chを見てなくて、つい先日まで気づかなかったのですが、今、なんと、総裁先生の御次男、真輝さんの、自殺説がまことしやかに語られているようですね。



6月29日になくなったのだと、まことしやかに語る、日大なんちゃらという人がおり、死体の放置は、どうのこうのと、のたまわっているようです。



でも、普通に、真輝さんを、私、7月に入ってから、この目で見てるんですけど?



すでに2chに書き込んでいる人もいるようですが、先日、7月7日、渋谷精舎の御生誕祭、19時からの式典に、しっかり参加されているのを、私や、知人数人が、(そして多くの方が)、この目ではっきり見ています。


満席の礼拝堂の、右後方の席に、映像などで拝見するとおりの、クールな感じで、また、大学生らしい、普段着のかっこうで座られていました。


当日は、館内、たくさんの人であふれていましたが、やはり、目立ちますので、目撃した方は、かなりいるんじゃないでしょうか。


知人によると、7日以外にも、同じ7月に、やはり精舎でお見かけしたそうです。



信者としては、お子様がたが、どこどこの精舎にいたとかいうことを、ツイッターや、ブログや、ましてや2chになど書きにくいのが正直なところなのですが(畏れ多い)、自殺なんて、少し、冗談にしては、度がすぎていますので、ふつうに、この目で見ている者として、別に動画などの物証はないですけど、一応、書いておきます。



まあ、「真実は強い」ので、いずれ赤っ恥をかいて、信用をなくすだけの話でしょうけど、勝手に人を死んだことにするって、ちょっと、どうなんでしょうか?


2chなんて、ふつうの信者(私のまわり数人は別として)は見ませんし、本部のほうも、相手にしていないっていうことなんでしょうけれども。。。



週刊新潮なども、2chをもとに記事を書いていると読めますが(そんなんで、いいんだろうか?)、そうした週刊誌は、やがて裏どりを欠いたこと(それなしに、記事の真実性を、どう証明するつもりなんでしょうか?)の因果がめぐり、部数減、スポンサー離れ、が進み、滅びを迎えるんじゃないでしょうか? 


特定の人や団体を逆恨みしている人の「確信」に満ちた「妄想話」から、その真実性を、どうやって見分けていらっしゃるのか、


そのプロのテクニックをぜひ披露してもらいたいものです。


スポンサーサイト


 震災で大変な最中ですが、これは、知人から先日ちらっと聞いて、驚いて確認したら、そうだったという話です。ちょっと前の話ですが、大事な情報だと思うので書いておきます。

 掲載からちょっと時間がたっていますが、昨年のダイヤモンド(2010年11月13日号特集「宗教とカネ」)の幸福の科学に関する記事について、(とんでもない)誤報があったという話です。


 場所は、税務署の調査で、双方に見解の相違があったというくだりです。

 変更前のもともとの文章がこちら。

 そうしたせめぎ合いが1年近く続いたある日、調査は突然打ち切られた。結論は、税務当局上層部の決済が下りず「是認」。つまり幸福の科学の言い分が通ったのだ。
 ただ、この話には後日談がある。調査を指揮し、幸福の科学と直接交渉に当たった幹部が、調査終了から1年で引退。その後、税理士として事務所を開設したところ、顧問先の一つに幸福の科学があったのだという。



 そして、訂正箇所は。

01.jpg
(週刊『ダイヤモンド』2011年1月8日号 114ページ)


「その後、税理士として事務所を開設したところ、顧問先の一つに幸福の科学があったのだという」を削除。

つまり、

 そうしたせめぎ合いが1年近く続いたある日、調査は突然打ち切られた。結論は、税務当局上層部の決済が下りず「是認」。つまり幸福の科学の言い分が通ったのだ。
 ただ、この話には後日談がある。調査を指揮し、幸福の科学と直接交渉に当たった幹部が、調査終了から1年で引退。その後、税理士として事務所を開設したところ、顧問先の一つに幸福の科学があったのだという。



えっ、そこを訂正ですか。。。。。

もともとの文章、ふつうに読めば、おそらく百人が百人、税務当局担当者と、幸福の科学のなにやらあやしげな「取引」があったのではという「印象」を持つ(印象というかそういう書き方です 怒)。

その核心部分が、「誤報」だったというわけです。。。


さらっと、そして、ずいぶんとちいさく訂正とお詫びを、掲載しているわけですが、

こんなにさらっとした訂正とおわびで、すむものなんですね。マスコミっていい加減ですね。

まあ、訂正を出しただけでも、立派なのでしょうか? 


幸福の科学にとっても、あと、税務当局にとっても、迷惑至極、迷惑きわまりない誤報ですよね。

ダイヤモンドをなぞったと思われる『選択』のほうも、訂正の必要があるんじゃないでしょうか?


↓幸福の科学、応援してるぞ!という方はぜひクリックを
人気ブログランキングへ

これは海上保安庁が発表した、巡視艇まつしまに津波が到達した際の映像です。





本当に痛ましい話ですが、9割の方が、地震によってではなく、津波によって亡くなったそうです。


この津波を受けても、コンクリートによる堤防は残ってるそうです。そして、津波のあとに残っていたものは、すべてコンクリートの建物でした。

たらればですが、コンクリートの、ある程度以上の高さの建物が近くにあれば、助かる命もあっただろうと思われます・・・。

「コンクリートから人」へ・・・・ 「命を守りたい」・・・  

民主党(鳩山元首相)の空疎のスローガンが、むなしく思い起こされます。


将来、必ず復興という局面が訪れるわけですが、その際には、今回の悲劇を踏まえ、かつ現実に即した智慧のある判断が、為政者に求められてくると思われます。



幸福の科学出版のメルマガより


■・■□・□■

【幸福の科学出版】
九鬼社長よりご挨拶

■・■□・□■・■

3月11日に発生した東北地方・太平洋沖地震で、お亡くなりになられた方々のご冥福をお祈りすると共に、被災された皆様、そのご家族の皆様に、心よりお見舞を申し上げます。

さて、私ども幸福の科学出版では、かねてより幸福の科学グループの創始者兼総裁・大川隆法先生の

「国家や社会から正しい信仰と価値観が失われ、間違った政治が行われたときに天変地異が起こりうる」

という教えに基づき、出版社として信仰の大切さと正しい人生観、政治や社会のあり方を提言して参りました。

今回、私たちの努力が至らず、このような未曾有の大災害が現実と化してきたことに対して、深い悲しみと、「しかし、このままではいけない」という思いが、強くこみ上げてきます。

今後、被災者の方々の物心両面でのケアと、全ての国民の皆様の幸福のために、全力を尽くしていく決意です。

また、主より賜った経典や霊言集は、あの世の存在の証明でもあります。
亡くなられて霊になった方のみならず、遺族の方々にとっても、あの世での家族との再会への確信は、心の救いになるはずです。

日本人にもう一段の信仰心、宗教心が根付くよう、なお一層、経典伝道に力を尽くす所存です。

幸福の科学出版では12日、具体的な救援活動の一環として、被災者の救済のために、衣類(1000人分)を被災地に発送いたしました。

また、追加支援として、石油ストーブ、毛布、カイロ、水、食料、医薬品、電池、発電機等の発送準備を進めています。

さらに、職員の一部を現地に派遣し、救済の支援活動に当たってもらうことを決定いたしました。

被災地の一日も早い復興と、深刻なダメージを受けた日本国の再興に向け、幸福の科学グループの一員として、総力を挙げて取り組んでまいりますので、今後とも、皆様のご支援・ご協力を伏してお願い申し上げます。

幸福の科学出版株式会社
代表取締役社長
九鬼 一



↓幸福の科学、応援してるぞ!という方はぜひクリックを
人気ブログランキングへ


 

今度は静岡県東部で、震度6強

しかも、震源は、あの富士山です。




ここまで、続くと、

不謹慎におもうむきもあるだろうから、

皆、思っていても、なかなか言えないことだと思いますが、


仏神を軽視する「時の政権」や、

おごり高ぶるマスコミや、

一部の「畏れ」を忘れた人間に対して、


「自然」が、なんらかの、気付きを求めているのではないかと思えて仕方がありません。


(人災の面もありますが)

やはり人間にはどうしようもできない、こうした天災を前にした時に、

はじめて、人はその無力さを知り、

謙虚にならざるを得ないところはあると思います。



少なくとも、「傲慢さ」みたいなものが、自らのうちにあれば、いち早く捨て去りたいものだと感じました。



プロフィール

ニコラス

Author:ニコラス

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
RSSリンクの表示
ブログランキング
訪問数
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。